寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

方言を隠し通せる人には要注意

こういう話を聞いたことがある。

関西人の人がいる。よって地元に戻れば関西弁だ。しかし、彼女は東京で働いている時は、一切、関西弁を出さない。彼女が関西出身ということを知らない人も多い。

一般的に関西人はなかなか方言を直さない。他の方言の人よりも直さない。これは主張の問題もあるだろうし、比較的、許容されている方言ゆえかもしれない。ただし、これは母数が多いため、そう思われるだけであり、本当はもっといろんな方言の人も関西弁と同じように直さないで喋っているかもしれない。まぁ、そのことは本筋にはあまり関係がない。

要点は以下だ。

関西弁の人は標準語を話するのがなかなか難しい。なのに特定の人は関西弁を隠して生きることができる。つまり、自分の関西弁を隠し通せるのだ。

ゆえに、その人は「嘘がうまくつける」可能性が高いということだ。

そんな話を聞いた。本当かどうかは知らないが、その話をしてくれた人が流暢な標準語を喋る関西人だった点は、どう考慮すべきか悩んでいる。