寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

桜の呪い

美しい桜を求めて毎年、歩いた。

 

代々木公園、上野公園、井の頭、千鳥ヶ淵などの都内の名所はもとより、日光や鎌倉なども伸ばした。青森の弘前城や山梨の山高神代桜、福島の三春滝桜などの日本を代表する桜の名所も回った。昨年は奈良の吉野もめぐった。

ただ、まだ僕はあの桜を超える桜を出会えていない。

彼女とその桜をみたのは7年前だ。目黒川沿いの何気ない桜のコンクリート。ロゼのワインを飲みながら桜を愛でる人たち。ただ、その何気ない桜の散歩道の中で彼女は輝いていた。

結局、その夏に彼女とは別れた。結果、その桜は僕を呪うことになった。

翌年、桜を見て、記憶が呼び起こされる。あの桜の下で笑っていた彼女を。それから桜を見る度に、僕は彼女を思い出し、そして、記憶によって塗り替えられた桜の美しさを思い出す。

僕はもう桜を見て、過去の悲しい思い出しか思い返さない。それに打ち勝つには、あの桜よりも美しい桜を見ることだろう。そして、僕は7年、20箇所以上の桜をめぐった。いまでも、あの何気ない目黒川の桜の美しさに勝てる桜はいない。彼女がいないから、というのは分かっているけれど。

桜の木の下で陰鬱な顔をしている人がいたら僕だろう。桜を見ずに都内で暮らすことがいかに大変かを聞きたければ是非声をかけてくれ。