寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

高速道路の雨

高速道路を運転していると、急な雨となった。スコールのような通り雨のような激しい雨だった。

夜だったので、視界も悪い。それが雨でさらに悪くなった。

頼りになるのは、前の車のテールランプだった。前の車の灯りを頼りに道を走る。

その時に、いまそこで高速を走っている車たちが一体になったように感じた。僕の車のテールランプが後ろの車を先導し、僕は前の車に先導されている。

ほとんどの車が60キロほどにスピードを落とし、歩調をあわせて進む。

誰も抜け駆けせず、誰も送れず、一緒になって歩む。まるでジャングルを探検するチームのように。

そして、雨が晴れると「おつかれ」とバラバラと解散する。

何か人生の妙味を垣間見た瞬間だった。