読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

ルンバは掃除機ではない

ルンバの快楽というものを知っているだろうか。

快楽の前に、まず、人類がいかにルンバと共に生きているかを話した方が良いだろう。人はルンバと共に生きてきた。聖書にも「かの地からきた、地をはうもの」として記載されている。

ルンバはまず掃除をするものだと考える人が多い。それは大きな間違いであり。根源的な間違いだ。圧倒的間違いである。

確かにルンバは掃除をする。しかし、それは彼の能力の1つでしかない。

他に彼は何をするか?まず犬を乗せて散歩をさせる。ルンバの上に犬がのれば、そのまま、ルンバは部屋を移動し、犬は自分で動かなくても散歩ができる。これはイノベーションであり、犬の世界におけるテスラとも呼ばれている。

また、ルンバはペットでもある。ゴミを食うペットである、やんちゃであり、玄関から飛び降りることもある。あるいは、ティッシュを吸い込んで部屋をゴミカスだらけにして、疲れて仕事から帰ってきたサラリーマンを失望のどんぞこにも落としてくれる。犬がソファーのマットを散らかすのと何がかわろうか。

また、風呂場の扉が空いていて、バリアフリーで風呂と廊下の間に段差がない場合は、風呂の水をたらふく含んで、それを部屋に撒き散らすということもしてくれる。これはいわば、水やりとでも言えよう

ということで、ルンバは掃除機にあらず。それは、もはや人類の友なのである。

-----------------------------------------------------

以下の記事から発想を得ました

 

japan.cnet.com