読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

ドンペンさん

友達は私の彼のことを、ドンペンさん、と呼んだ。

由来は、彼の婚活サイトの写真は、ドンキホーテのペンギンが映っているものだったからだ。ビニルの安い青いペンギンを右手に持って、彼は、白いワイシャツの上でてれ笑いのような笑顔をしていた。髪型は少しもじゃっとしていた。

私がその人とやりとりをしてみよう、と思ったのは、ペンギンに興味を惹かれたことが大きい。もちろん、その前提として、彼の笑顔に何か愛しさのようなものを感じ取ったというのもあるけれど。

彼はなぜ、このような大切な写真にドンキホーテのペンギンを選んだのか。可愛いと思ったのか。可愛いと思ったにせよ、せめて女子ウケしやすいディズニーのグッズはなかったのか。あるいはポケモンのぬいぐるみなら話のネタにもなったのに。ドンキホーテのペンギンなんて「よくドンキいくんですか」「どこのドンキによくいきますか」くらいしか、話が広げられない。なぜ、そんなペンギンを選んだのだろう、という好奇心が私に湧いてきた。

私は彼から「いいね」というリクエストを受けていた。これは自分が良いな、と思った人に送ることができるリクエストで、双方が「いいね」をすれば、メッセージのやり取りができる機能だ。私は、しばし、このペンギンに思いをはせた後、「いいね」とリスクエストを承諾した。

それから、彼とのやりとりが始まった。何通目かのやりとりで私は「なぜペンギンのぬいぐるみの写真を使っているんですか。ペンギンがお好きなんですか」と聞いた。彼がなんと返すか少し意地悪な気持ともあった。普段よりも時間が空いた翌日に彼から返信がきた。

「そうなんです。ペンギンが好きなんです。ペンギンは空を飛べない鳥、とも言われますが、その分、水中ではとても早く泳ぐことができます。海を飛ぶ魚、とも言われます。ペンギンは空は飛べませんが海は飛べるのです。

私も、うまく人と話せない分、話以外で人を喜ばせたいな、と思って手品や楽器を習ってきました。なんだかその思いをペンギンの生き様に重ねてしまって」

私は、想定外の返信にその返信に「へぇ」といくばくかの驚きを感じた。同時に、ペンギンに重ねた彼のPR文のあざとさを感じ取った。ただ、彼の手品は見てみたいなと思った。話が得意でない人間がそれを埋め合わせるために磨いた手品は見てみたいなと思った。

「海を飛ぶペンギンは空を飛ぶ鳥より幸せなのか」といじわるな質問を聞いてみたいな、と思った。