読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

嬌声

最高に身体の相性の合う女性だった。いままでの行為が何だったんだ、と思えるほど。

何より彼女の反応が艶やかだった。その嬌声が部屋に響き、それにより興奮が増幅された。鼓膜と粘膜を震わせる音だった。人は聴覚でも興奮することを知る。

そして声をなぞるように背中にたてられた彼女の爪が、また新しい快楽を呼んだ。

そんな関係も、日常のすれ違いと共に終わりを告げる。

俺は休日は寝て過ごすのが好きで、彼女は外に出るのが好きだった。俺は洋食が好きで、彼女は和食が好きだった。俺は毎日会いたくて、彼女は1人の時間を好んだ。

そのような違いが積み重なり、いつしか分水嶺を超える。

「別れましょう」という彼女の言葉と共に。

「そんな。確かにすれ違いは多かったけど。それでも、あんなに身体の相性は良かったのに」と俺は震える声で叫ぶ。

女は目を合わせずつぶやく。

「あなたは結局、悲鳴と喘ぎ声の区別もつかなかったのね」