寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

Apple watchで改札を通れるようになった人々

先日、Apple payが始まった。これで、iPhone 7やApple Watch Series 2でSuicaが使えるようになった。すわなち、お財布携帯のように、iPhoneで改札を通ることができるようになった。

これは、革命である。ガラケー時代にできていた「おサイフ携帯」が、やっと、iPhobeでもできるようになったのだ。

ここに、その恩恵を受けている人がいる。

SUICAを持たずに歩けるなんてなんて素晴らしいんだ。携帯とSUICAを両方持つなんて、愚の骨頂だった。2個なんて美しくない。

ミニマリストとしては、モノは1つでも減らしたかったんだ。これは革命だ。

嬉しくなって、思わず、改札を20回も通ってしまったよ

また、ここにも、その恩恵を受ける女性が1人。

でかしたわ、ジョブズ

Apple wartchで改札が通れるようって最高じゃない。だって、駅の改札の直前までダーリンと手を繋いでおけるんだもの。

いままでだったら、改札前で、SUICAをがさごそ出さなくちゃいけなかったけど、あんな味気ない時間はもうなくなるの。

彼にもApple watchを買わせないといけないけれど。

しかし、Apple watchを着ける人が増えると、既存の時計は売れなくなるんじゃないだろうか

-いや、そんなことはないよ。なぜなら改札を通るには、右側にSUICAを当てる必要があるんだ。だから、改札でスムーズに通りたいなら、Apple watchを右手につけないといけないんだ。

従来、時計は左につけていただろ。だから、みなが左には普通の時計、右にはApple watchをつけるから大丈夫なんだよ

なるほど。ただ、Apple watchはバッテリーがなくなると改札で使えない。それを知らないと、このように困る人たちもでてくる。くれぐれもお気をつけあれ

 やばい。Apple watchで改札に入ったけど、出る前に電源が切れちゃった!出れない。精算しようにも、現金を持ってない!!!Apple watchを売って金にして出ようか!

構内のフルーツジュース屋ならぬ、構内の携帯充電屋が流行りそうだ。