寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

からあげとレモン

「ね、唐揚げにレモンをかけていい?」と彼女が聞く。

「いいよ」と僕が答える。

レモンを手に取り、笑顔で彼女が言う。

「知ってた?レモンって、普通は尖った方を下に向けて絞るでしょ。でも、ほんとは逆に持って絞った方が美味しいんだよ

レモンの皮に香り成分がたくさんあるから、皮側の汁が溢れやすいように、こう絞った方が香りがいいんだって」

そう言いながら、彼女はレモンを上に向けて絞った。唐揚げにレモン汁が滴る。

向きくらいで香りが変わるのかな、と思いつつも、彼女の得意げな顔を見ていると、なんだかそれが本当かどうかなんてどうでも良い気がした。

レモンから飛び散った汁が少し目に入ったけれど、彼女に気づかれないように目を開け続けた。

涙目の前に見える2人では食べきれない量の唐揚げ。彼女はレモンを絞りたいがためにこれを頼んだのかな、と少し考えた。でもまぁなんだっていいや、と思った。唐揚げは嫌いじゃないし。

レモンの生き方を考えた。丸善の本の上に置かれる人生もあれば、マーマレードになる人生もある。雑誌の表紙で持たれる人生よりは、唐揚げにかけられたいな、と思った。