寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

冬の朝

あー寒い。冬は寒いからやだね。早く春にならないかな。

そんな毎年つぶやいているようなセリフを吐く。もし、冬が聞いていたら気分を害するだろう。ごめん、冬。

でも、そんな冬に毒づく僕に代わって彼女は言う。

私は冬も好きだよ、と。

会話が盛り上がるのは、こういった2人の意見が違う時だ。そういう時こそ会話が弾む。犬好きと猫好き、納豆好きと納豆嫌い、朝好きと夜好き。

冬ってさ、空気が澄んでるでしょ。だから好きなの、と君は言う。

冬の鍋や温泉好きというならばわかるけれど、空気が好きだなんて。実際、冬は気温が低いから空気中の水分が減って、光が濁っていないんだって。だから、澄んでるのは本当なんだって。

それに、朝の冬の空気って、ピリっとしてるでしょ。なんだか好きなの。

ワォ。世の中に、冬の空気を愛でる人がいるなんて信じられなかった。紫式部くらいだと思っていた。

そんな冬の空気を愛せれる彼女と一緒にいることができてラッキーだな、と思う。

こんな素敵な彼女が好きな冬なら、僕も冬を好きになれるかもしれないな、と思った。冬の朝は勘弁だけど。