読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

初夢みた?

「ねぇ、初夢みた?」

ベッドから起き上がりカーテンをあけて女が言う。男は、目をつむりながら答える。

「うーん。みたかな。覚えてないな」

女は布団に入り込みなおす。

「私は見たよ。ある男がいるの。その男には恋人がいるの。

でも、年末に元彼女から連絡があるの。『久しぶりに飲もう』って。

男は悩むの。行きたいけど、彼女に言ったら怒られそうだ。

そうだ、黙っていこう、と。そして年明けに彼女に黙って元彼女と飲みに行くんだけど、彼女にそれがバレて、怒られるという夢」

男は話の途中から目を見開く。じっと天井を見る。

「そうかー。それは、ボケナスな男だね。でも『一富士二鷹三茄子』のナスビが入ってるから縁起がいいかもね」

男は目をつむりながら喋る。女の方には顔を向けない。

「あー。俺が見た夢も思い出した。僕の夢にも、『彼女に黙って元彼女とご飯を行こうとしていた男』がでてきたよ。

でも、結局、その男は『これは浮気ではないけど、彼女がいやがることはしないでおこう』と思って、元彼女とのご飯は行かないようにしたんだ。

その男の彼女を大切にする思いは、富士山のように大きいんだろうね」

ベッドの上で女の方に身体を向けながら男が言う。そして女の手をにぎる。

「鷹のように鋭い彼女を持てて幸せな男だね。いい夢見たね。今年も縁起が良さそうだ」

男の手を振りほどき、女がベッドから降りながら言う。

「さて、天気がいいよ。初詣いこうよ。私、お願いごと決まってるんだ。反省した男が、美味しいものをごちそうしてくれますように、って」

男もベッドから降りて顔を洗いに行く。

「奇遇だね。僕も『彼女が食べたいものをなんでもごちそうできますように』ってお願いする予定だったんだ。」

いつもより男が顔を洗う時間は長い。