読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

か弱きもの、そなたの名前は花粉症

この世には2種類の人間がいる。

花粉症の者と花粉症でない者だ。

花粉症である者は、前世で不徳をしたかのような責め苦をこの世で味わうことになる。目のかゆみ、くしゃみ、止まらない鼻水。まるでボブスレーのように滑り続ける鼻水。鼻水のウイニングランは昼夜止まらない。ガラスの10代のように駆け巡る鼻水。それを拭き殴るティッシュ。まるで親の敵のように拭き取るティッシュ。それによりえぐられる鼻の下の皮膚。炎症、皮のめくれ、ただれ。嗚呼絶望。

花粉症とは、もはや現代病という表現では生ぬるい。現代の七難八苦の1つとでも表スべきものだろう。生まれいづる悩みといっても良い。

彼らがどれだけ日本の国力を削いでいるか。円高よりも大きな痛手である。

「鼻をとって洗えないかな」と毎日多くの人が望む。ドラえもんの道具でさえも実現できなかった積年の願い。それはもはや人類の希求であろう。Drive your dreamは、その夢を実現するためのフレーズであろう。「鼻が洗える車」が発売されたら売れまくるに違いない。21世紀を素晴らしい世紀にするのは花粉症を直す薬になるだろう。

花粉症ではないだけで、花粉症の人よりも人生は3倍くらい楽しい。花粉症でない人はナチュラルボーンラッキーである。履歴書に「私は花粉症ではないです」とPRしても良いだろう。それだけ花粉症でない人は恵まれている。ヘミングウェイが「持つものと持たざるもの」といったのは花粉症のことだったのだ。

花粉症の人は花粉症というだけで春を怨嗟する。

とはいえ、花粉症の人にも1つだけ良いことがある。それは花粉症の人同士で慰めあえることだ。

か弱きもの、そなたの名前は花粉症。