読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

恋人とのNDA(秘密保持契約)

付き合い始めた翌日に、「ねえ、NDA秘密保持契約)を結びましょう」と彼女が言い出した時、最初は何を言っているのか理解でいなかった。NDAって、仕事でしか聞いたことがない。会社同士でお仕事をする時に、大切な情報などをお互い漏らさないように結ぶ契約のはずだ。

「私はプライベートなことを他の人に知られたくないの」というのがマリコの言い分だった。会社では、”できる課長”としてクールな印象でみられているマリコの言いたいこともわかる。

もし僕に同僚に「あの課長って実は寝る時は甘えてくるんだぜ」とか言われると思うと僕に甘えられなくなるのだろう。

しぶしぶだが、僕はわかった、と了承した。そしてお互いに契約書にサインした。契約書はマリコが作成した。慣れたものだ。

- 2人の付き合っている間に知ったお互いの秘密は誰にも言わないこと(すでに公知のものは除く。また相手の了承を得たものは除く)

- 秘密とは相手の嗜好性や行動、発言、特殊なコミュニケーションなど、公になっていない情報全般を指す。

- 付き合っている期間は2017年1月24日から分かれる時まで。

- 分かれる時は文面で伝えること。合意は要らない。

- 契約違反をした者は、内臓を売って、その売ったお金を相手に渡すこと

- 守秘義務は分かれてからも継続する

といったような契約だった。内蔵は売りたくなかったので、僕はマリコのことは誰にも言わなかった。

でも時々、僕はこまることもあった。

散髪屋の人に「恋人いるの?」と聞かれて、「どんな人」って質問をされた時は思わず「女の人」と答えてしまった。

あるいは、占いにいって恋愛相談にいった時も、すごく曖昧にしか彼女のことを説明できなかった。「サワラが食べるのが好きで23歳で」といったありきたりなことしか言えなかった。

友達にも言えないのは、なかなか息苦しかった。でもその分、マリコは僕に甘えてくれた。あんなことも、こんなことも言ってくれたし、してくれた。だから、僕はその代償に沈黙していた。

終わりは急だった。

「別れましょう」というLINEが届いた。契約書の通り、文面での通告だった。

恋愛に慣れていない僕にとって振られるという経験はとてもつらく、とても深いものだった。息ができなくなるんじゃないかと思った。一週間、まともに食事もできなくなった。会社も休んでしまった。出社して、彼女をみると、またも呼吸が止まってしまった。

こんなに苦しいのに誰も相談ができなかった。2ちゃんねるに書き込むことさえもできなかった。僕は誰にも相談できなかった。ただ、暗闇の中で生きていた。僕は彼女のことを誰にも喋ることができなかった。秘密を守ることがこんなに苦しいとはマリコは教えてくれなかった。

そんな経験から、僕はあなたにアドバイスをしたい。もし、恋人と秘密保持契約を結ぶ時は「振られた人は、秘密をばらしもいいこと」という条項を入れておくことを。