読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

女性1人で牛丼屋に入れますか

平日の夜、23時ごろ、最寄り駅から帰っていると、1人の女性いた。松屋の中を覗いている。

僕は遠目からそれを見ていて「入れ」と心で念じていた。女性は、牛丼屋に1人で入りにくいと言われている。でも、食事に男女なんて関係ないわけで、できれば女性が気にせず松屋に入れる世の中であって欲しい。

そういう思いで、中をうかがう女性を心の中で後押しする。中が混んでいるのをみているのか。混んでない方が入りやすいのかな。

きっと牛丼は美味しいよ。気にせず入って。誰も気にしないから。

女性は10秒ほど悩んでいただろうか。胸中を察するに「お客さん10人くらいいるな。全員男性だな。その中に私が入っていったら浮くだろうな。笑われるかな」といったことを考えているのだろうか。

結局、その女性は松屋に入らずに、歩き始めた。

- あー。男女平等社会の敗北だ。女性が1人で牛丼屋に入れない社会になっちゃっているのだ。メアリ・ウルストンクラフトの敗北だ。

と僕は21世紀の日本に絶望した。そして、政治家への参画を2秒ほど考えた時に、まだ前を歩いているあの女性が目に入った。

そして、女性は、ぱっとそこにある店に入った。

その店は吉牛だった。

- 吉牛を食べたかったんかい