寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

結婚はポーカー?ルーレット?

「結婚て、Winner takes allじゃん。最後の総取りじゃん」

と、イーピンを切りながらタロウが言う。

「つまりさ、人生では何人かと恋愛するでしょ。でも、最後には1人の人としか結婚しない。少なくとも日本ではね。

そうすると最後に結婚した人だけが幸せで、それまで付き合った人たちは、その幸せは分け与えられないじゃない。養育費ももらえないし、子供もうめないし。

でに、それまでの恋人との恋愛で得た経験を使って最後の人と結婚するわけでしょ。それまでの恋人は踏み台になってるんじゃん。

そんなのっておかしくない」

次にサンソーを切ってタロウが言う。

「それよりもさ、『いままで付き合った人にも、30%は、遺産の相続を渡す』みたいなことがあってもいいんじゃないの。今までの過去の恋人のおかげでその人がいるんだからさ。

あるいは、結婚する時に、過去に付き合った人たちにはお礼で金一封渡すとかの文化があってもいいんじゃないの」

最近、恋人に振られたばかりのタロウは荒れている。結局、通らばの牌は通らず振り込んだ。

弱ったタロウに畳み掛けるように、恋人がいて幸せな僕は言い返す。

「いや。過去の恋人が無駄ではないでしょう。いい思い出だったと思うよ。だから、別れても、『一緒にすごした』という時間は、かけがえのないものなんじゃないの。

そもそも、付き合ってる時にお互いは金と時間を払い合ってるじゃん。そこで、お互いに対価は支払ってるんじゃないの」

「じゃああれか。結婚はルーレットじゃなくてポーカーということか」

つまり、タロウが言いたいのはこういうことだ。

ルーレットは最後に玉が落ちた数字が全てだ。他の数字は意味がない

これがタロウという結婚観だ。最後に落ちる数字が結婚で、それ以外の数字はボールが通過するための演出であり意味がないもの。

対して、僕にとって、今までの恋愛観はポーカーだ。1回1回の恋愛で費用を払ったり、良い思い出を作ったりしている。それは、ポーカーの1プレイのように、その中で、コインをコールしたり、勝って回収したり、そのプレイ内で、費用と報酬は得ている。そして、たまたま出た4ペアとかが結婚にあたるのだろう。

いや、もしかしたら、結婚はブラックジャックかもしれないな、と思う。

この人とは結婚するんだ、と旅行や食事をおごる。そして、プレゼントまで買って、掛け金をどんどん上げていく。でも、最後の1枚は相手が握っている。その1枚によって、自分の手札が21を超えてバストするかもしれないし、うまく21のブラックジャックを引けるかもしれない。つまりいくらプレゼントにお金をかけても振られるかもしれないし、うまくいけば結婚うできるかもしれない。

今までの恋愛で得た経験をダブルダウンでひいていく。

ダブルダウンとは

カジノゲームのブラックジャックにおいて、プレイヤーだけに認められる特別ルールです。 これは最初の2枚のカードを見てから賭け金を2倍にする事が出来、その後もう1枚だけカードを引くことが出来るというルールです。

 結婚って、そういうものかもしれないな。時には、ディーラーと対戦相手の両方が彼女であるというイカサマの戦いであることがよくあるけど。

負ける勝負だとわかっていても、魅力的なカードには、レイズをせざるを得ない世界。恋愛はイカサマが許されているカジノなのかもな、と思った。

「タロウ、それロン」