寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

ズッキーニの茹で時間

はじめて会った時の自己紹介は「私、ズッキーニみたいって言われるんです」という言葉だった。

ズッキーニはウリ科の食べ物で蛋白な食べ物だ。かぼちゃなどに比べて味が薄い。それゆえに、どのような食材や料理にでもあう。

そんなズッキーニみたいに、誰とでもうまくやれるのが、ミサコだった。わるくいえば、八方美人。よく言えば、コミュニケーション力が豊かということだろうか。

実際にズッキーニのように、僕との相性も良かった。話は聞いてくれて、表情が豊かで、距離感も近くて。僕が恋に落ちるのに時間はかからなかった。

出会ったのは大学の新歓だった。春だった。そして、2人で食事にいった。渋谷のパスタ、表参道のフレンチのランチ、そして、みなとみらいの景色のいい和食、恵比寿のビストロ。桜が散り、雨が振り、初夏がきていた。気温があがっていくとともに、僕たちの温度も高まっていった。

ズッキーニの彼女だから、サークルの他の男性とも仲良くしていたけれど、それは彼女がズッキーニだからしょうがないと思っていた。

ミサコと僕は、うまくいっていると思っていた。

でも、そんな関係も、ある日終わった。

「彼氏ができたから、もう2人では食事できない」

あんなにうまくいっていたのになぜ、という疑問が溢れ出た。どうして、他の男なんかと。

ミサコは言う。

「ズッキーニは、ゆですぎると崩れちゃうの。」

僕がその意味をわかるようになったのはそれから5年も経ってからだ。

人に思いを伝えるのに3ヶ月は遅すぎた。5回も2人で食事にいって思いを伝えないのは怖がりすぎた。

ズッキーニの茹で時間のように、恋愛にも適切な温度の時に思いを伝えなければいけないのだ。

大人になって、ズッキーニにククルビタシンという苦味成分が含まれていることも知った。だから、僕は今でもズッキーニーを食べるとこの苦味とともに、ミサコのことを思い出す。