寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

過去の面影

「性行為で、体内に射精されると、その人の精子が体内に残り、将来、子供を生んだ時にその精子の影響がある」といったホラーのような噂を聞いたことがあった。

そう考えると、大学生の時の彼や社会人1年目の彼の遺伝子が、今の私の子供に宿っていることになる。

「そんなのありえない」と思うけれど、ほんのすこしありえそうなリアリティがあって、少し胸の鼓動が早くなる。

ただ、やはり医学的に考えると、そんなことはありえない。精子は1つだけが子宮に着床するのだから、そんなことは起こり得ないのだ。

でも、よく考えたら、私の存在自体が、もしかしたら過去の彼たちの影響をうけているのかもな、と思った。

こんな話を聞いたことがある。

「価値観の違う2人でも、一緒にいると、2人の価値観が中央に寄っていく」と。つまり、極度の潔癖症の人とまったく気にしない人が付き合うとする。3年後には、極度の潔癖症は少し丸くなり、気にしない人は少し気にしだすというような。価値観が歩み寄るのだ。

これはありえるような気がする。やはり一緒にいる人に影響は受けるだろう。だって子供自体が遺伝子ではなく、環境や親に影響をうけて大学が決まったりするくらいだから。

だから、そういう意味で、私の価値観は過去の恋人たちの何かを受け継いでいる。そう考えると、なんだか不思議な気がして、思わず手のひらをまじまじと見てしまう。

こんな細胞にもとの恋人たちの面影を見ることはできないけれど、でも、なんだか、手を太陽にかざしてみる。