寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

iPhoneの置き方から判断する浮気調査

「セオリー1。iPhoneをケースに入れていない子は、性行為の時にコンドームを付けない奴だ」と、2杯目のビールを飲みながらアツシが言う。

アツシの理論で言うと、「iPhoneは落とすものだ。ないし、落とす可能性を前提としたものだ。なのに、そのリスクをかんがえず、ケースを付けないということは、性行為の時でも生でするリスクを軽視し、ゴムを付けないに違いない」ということらしい。

とはいえ、「iPhoneのケースは何がなんでも付けたくない。割れてもしょうがない!1年に1回くらいは割れるのを許容する」という「ノーケース原理主義」の人もいるだろうし、iPhoneが割れることよりも妊娠や病気のリスクは高いので、その相似は成り立たないという人もいるだろう。それでもアツシは自説を譲らない。

「セオリー2。iPhoneからわかることがある。iPhoneを卓上においた時に、画面を下に置く人は浮気をしているんだ」。浮気をしていると、浮気相手からのメッセージが表示される。それを見られないように、画面を下に置くそうだ。それも「そもそも通知は非公開にしておけばいいんじゃないか」とも思うけれど、アツシは自説を譲らない。

「でも、お前はゴムを付けないし浮気もしているけれど、iPhoneにケースをしているし、画面も上に向けたままじゃないか」。

iPhoneは1人1個しか所有できないと誰が決めた?」

なるほど。セオリー3は、「相手が画面を上にしているからといって、その人は浮気していないとは限らない」ということになるだろうね。