寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

麦茶が似合う彼女

- コンビニに寄って帰ろうよ

と彼女が言う。初夏のビアガーデンは酔いを促進させる。コンビニで冷たいものを飲んで帰ることには賛成だ。

近所のファミリーマートは普段と同じ日常で。この変わらなさが心地よい。店員の移り変わりだけは多いけれど。

白いワンピースと茶色のサンダルはコンビニの蛍光灯より眩しくて。これでコンビニのBGMがよくわからないラジオみたいなものではなくて、サマーソングだったらいいのに、と思う。

彼女はパタパタとサンダルを響かせて、コンビニの扉から麦茶を取る。麦茶か。水ではなく、お茶。そして麦茶。

理由なく、「この子とはうまくやれそうだな」と思った。

麦茶を見ると夏を思い出す。そして、遠い実家に思い出す。いつしかお茶といえば、健康によさそうな烏龍茶になってしまったけれど、逆にそれが麦茶の思い出をカプセル化して、記憶の脳裏に埋め込んだ。麦茶とは田舎であり、そして、夏の象徴なのだ。

「麦茶いいね」

- 麦茶いいでしょ

とはにかむ彼女にはビールよりも麦茶がよっぽど似合っていた。

------------------------------------------------------

以下の記事からの発想です

 

@nifty:デイリーポータルZ:麦茶のポテンシャルを限界まで試す