読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

ストーカーは何を追いかけるのか

「ねぇ、ストーカーされたことってある?」

- うーん。ないかなぁ。

「私はあるの。大学生の頃」

- どんな風に?

「私が行くところ、どこにでもその人がついてきていたの。たとえば、スーパーに行って振り返ればその人がいたし、部屋を出て道を見渡せば、その人の車があったの。もちろん、たまにはいない時もあったけど」

- それ、怖くない?

「最初は怖かった。でも、その人は何もしてこないの。何もしてこないと思うと、逆に心強くなっちゃって。その時、私が住んでいたのがちょっと治安が悪い場所だったの。家の前でも喧嘩があったり、酔っぱらいが私の部屋を殴ったりすることもあって。だから、逆にその人に見守られているのが安心になってきちゃって」

- へー。。。そういうもんなんだ。

「実際、私が一度、帰り道に酔っぱらいに絡まれた時に、その人が駆けつけてくれて、酔っぱらいを追い払ってくれたの。それから私はお礼をいって挨拶をする関係になったの」

- いいストーカーだね

「それが数ヶ月は続いたのかな。でも、問題がでてきて。私に彼氏ができたの」

- わ。どうなったの?ストーカーはパニックにならなかった?

「私のことを見守ってる時間は減ったの」

- ショックを受けたのかな?

「違うの。私の代わりに彼を追いかけ始めたの」

- どういうこと?危害を加えたの?

「彼のストーカーになって、彼が浮気しているのを見つけ、証拠写真を私のポストに入れてくれた。お陰で私は彼の裏切りを知ることができた」

- え、、、。

「でもさすがに私も怖くなって、ある日、その人を捕まえてきいたの。なぜ私を追いかけるんですかって」

- 勇気あるね

「実は、その人は、私の父が雇った探偵だったの。私になにか起こらないように見張っておくというのが仕事だった。その一環として、私の恋人の素性も調べてくれたってわけ」

- ひえー。そんなことがあるんだね

「ストーカーはいつ仕事してるんだろう?と思ってたのがそれで解決したの。それがその人の仕事だったから」

- そうなんだー。ほんとにボディガードみたいなものなんだね

「そう。実は今も店の外に見守ってくれてるよ」

- え、今でもいるの?

「そう。だから、あなたが私の彼氏と寝てるっていう話も彼が教えてくれたの」