読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

ハロウィンに何を着るの

「ねえ、ハロウィンはコスプレしないの」と、まだ布団の中にいる彼に聞く。

「うーん。して欲しいの?何を着ればいいかわからないよ」。ベッドで寝返りをうつ彼。

「なりたい自分になってみるというのはどう?」と言うと、そうだねえ、と彼は乗り気ではなさそうな声が帰ってきた。

そしてハロウィン当日になり、私はいま彼のコスプレを楽しみに部屋で待っている。寝室でガサゴソと着替える彼。彼なりに、なりたい自分を考えて、衣装を買ってきたようだ。ドンキの黄色い袋がそれを物語っている。

医者かな、パイロットかな、それともスーパーマンかな。想像は広がる。彼は一体、何になりたかったのか。私の知らない彼の一面を見ることができる。なぜか私までドキドキして、彼が出て来るのを待っていた。

「着替えたよ。どう?」

寝室から出てきた彼が身につけていたものは学生服だった。

- 体育祭にでも出てろよ

と思った。