寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

雨の日

雨の日だった。

雨の日に、白のジーンズをはいている男性がいた。

その日は雨だから、足元が汚れる。白いジーンはなおさら汚れる。

それでも、彼は白いジーンズをはいていた。

わざわざ今日履かなくとも、と思うけれど、きっと彼なりのポリシーか、理由があるのだろう。

雨の日に白いジーンズをはく男だった。

また、その日も雨だった。

スールでびしょぬれになって歩いている女性がいた。メイクも心なしか少し滲む。

朝は決まっていただろうウェーブのかかった髪の毛もべっとりと雨に濡れる。

スーツが痛むのに、と思った。傘をかえばいいのに、と思った。

でも彼女は、土砂降りの中、スーツで歩きたい気分だったのだ。

それはなんだか分かる気がする。

雨の日は、人々の覚悟が見え隠れする。雨は、建前を洗い流してくれる。