寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

to U

彼女と別れた理由は何だったのか。うまく思い出せないのは、「これ」という理由が明確にはなかったからだろう。

2年付き合うと、お互い倦怠感もでてくる。仕事で疲れている時はギスギスする。たまには喧嘩もする。かたや少し気になる人ができた。そうして、お互い会う頻度が減っていき、いつしか別れにたどり着く。それはまるで浜辺の砂の城のようで。何度か波がきている間に、気づけば砂は海にさらわれていく。知らない間に城が消えている。そんなふうに恋愛が終わる。

だからこそ、こうやって久しぶり会っても楽しく話ができるのだろう。お互い喧嘩で別れたのでもないから、友達のように再会ができる。

久しぶりの食事。その後に「二軒目に行く」とならずにカラオケになったのはお酒の飲めない2人らしい。そうだ、彼女も飲めなかったんだ、ということを改めて思い出す。5年も離れていると、なんだか付き合っていた頃が夢のようだ。ほんとにこの女の子と付き合ってたんだっけ。

カラオケで懐かしい歌を歌い合う。当時、付き合っていた頃も暇な時はカラオケに行っていたな、と。

2時間も過ぎ、そろそろ楽しい時間も終わりとなる。

「最後、好きな歌を歌おうっと」

そうやって彼女が入れたのが、Salyuのto Uだった。

イントロが流れはじめて鳥肌がたつ。この歌は彼女と分かれて知った歌だった。そして、自分もとても好きな曲だった。

その歌を昔の恋人が気持ちよく歌っている。その横顔がとても美しくて。

この曲を最後に選んだ彼女のセンスにとてもうれしくなった。そして、愛おしくなった。僕はやっぱり彼女と3年付き合ってたんだ、と実感する。同じ趣味を持っていたんだ。

僕はなぜこの彼女と分かれてしまったんだろう。

雨の匂いも風の匂いもあの頃とは違ってるけど、この胸に住むあなたは今でも教えてくれる

懐かしい歌声。胸に染み込む。こんな歌声をしてたんだ、と、その声の感触を楽しむ。

とても気持ちよさそうな声。

僕はなぜこの彼女と分かれてしまったんだろう。

------------------------------------------------------

今週のお題「カラオケの十八番」でした