寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

返ってこないLINE

送らなければよかったかな、と反省した。

春の陽気に誘われてつい送ってしまった。LINEに取り消し機能があればいいのに。

既読の文字が肉肉しい。

「久しぶり。今度、飲まない?」

2年前の彼女に送った未練がましいメール。もう少し丁寧な送り方もあったと思う。いきなり飲みに誘わず、まずは挨拶に留めるとか。

でももう送ったものはしょうがない。ひたすら後悔をするだけだ。忘れるようにしよう。

今日もコンビニで行列に並びながら、つい返ってこないLINEをチェックする。ノンシュガーのコーヒーをレジに通す。

お金を払う。

あ、と気づく。今日は「ポイントカードをお持ちですか」の質問がない。

1年以上、毎日通って、ようやく僕へのポイントカードの確認を諦めてくれたのだろうか。「僕を理解してくれたんだ」という謎の感慨を抱く。

「聞かないことによるコミュニケーション」ってあるんだ。

そして、コーヒーを飲みながら考える。

「返信をしないコミュニケーション」もあるんだよな、と。彼女は無視をしたいわけじゃない。ただ「いきたくない」という冷たい返信もしたくないし、「忙しくて」みたいな嘘をつける子でもない。返信をしないというのが、彼女なりの誠実な返信なのかもしれない。

とはいえ、スタンプくらい返してくれたっていいのに。コンビニの店員の「ありがとうございました」と業務的な返信みたいなやつでもいいから。なんなら片言だっていい。

なんなら誤送信だっていいのに。