寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

二軒目の前に

その日は会社の交流会だった。

10周年記念のパーティでホテルの会場を借りてのセレモニーだった。

帰り道、飲み足りない僕は同僚に連絡する。2人とも帰る方向が近いので、たまに一緒に帰ることはあったのだけれど、飲むのは初めてだった。

「どこにいる?飲まない?」

「いいね。いこう」

2人の最寄り駅で待ち合わせをする。

「着いた。ちょっと待って」と彼女からLINEが届いたのは22時。

それから10分経っても彼女は現れない。

どうしたのかな、と思った頃に彼女があらわれる。

僕は彼女が時間がかかった理由を理解する。きれいに塗られた口紅と整えられた髪型がそれを物語っていた。

僕は行こうとしていた店をいつもの居酒屋から、ここぞという時のバーに切り替えて、一歩目をあるき出した。