読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

努力で勝てる世界

この世の中には努力で勝てる世界がある。

たとえばスポーツだと短距離は圧倒的に才能の世界だが、長距離は努力でカバーできる(参考:ランニングにおける「才能と努力」の不都合な真実・・・ : )。あるいは資産運用では、FXや株の世界は、有象無象のプロがいるので素人が入ってもなかなか勝てない。努力をいくらしても、プロの設備とインサイダーの知識にはかなわない。しかし、セドリといった安くものを敷いてれて高く売るという商売は、知識量と多くの店を回るという努力でなんとでもなる。

人脈を増やすということもそうだ。人脈の多さはその人の価値を高めることになる。しかし、人脈は努力で増やすことができる。いろんなイベントにいき、友達と定期的に会い。知り合いにネットワーカーがいれば、どのようにそのネットワークを維持しているか聞いてみると良い。きっとリストを作って定期的に会う習慣を作っている。努力なしでネットワークは維持されないのだ。だからこそ、人脈は努力によって他の人より維持することができる。

しかし、多くの人はこの努力をしない。努力をすれば、他の人より金を稼げるとわかってもいない。それはもしかすると「努力ができる」ということ自体が才能の1つだからかもしれない。

もし自分が努力をする才能があるかどうかは、自分の胸に手を当ててみればいい。ダイエットがどれくらい続いたか?禁煙を成功したことがあるか。日々続けていることがあるか?なくても諦める必要はない。努力も努力で身につけることができるのだから。