寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

現代の関ヶ原

最近、町中で急に刺されたり、暴行されたりという事件が増えている、とシゲジロウは思った。昔みたいにオヤジ狩りの心配もある。先日は池袋でチーマーにも追いかけられた。

そんな悩みを抱いていたところ、シゲジロウは、あるCMを見かけた。

 

 「これだ!」とシゲジロウは思った。

甲冑を身に着けておけば、襲われても身を守れるのではないか。

そうしてシゲジロウはすぐさま甲冑を買った。メルカリで買った。

室町時代につけられていたという一般的な桶側二枚胴だ。兜がなかったので、別で黒漆塗の南蛮式のものを別で買った。刀も買いたいところだが、銃刀法違反になるので辞めた。全部で10万円弱したが、命には代えられない。

ただし、困ったことがいくつか起きた。まず、朝起きてから準備までが大変だ。20分はかかる。冬は中にヒートテックを着ればいいが夏は、暑い。

次に出社時の満員電車で嫌がられる。スペースを取りすぎだ。路上では何度か警察に止められたが、何も悪いことをしていないので許してくれた。ただし、コンビニに入ると「覆面ヘルメットの方はNGです」と追い返された。悲しい。

これくらいの難点を除けば、概ね快適だった。「いつでも襲ってこい」という気分になった。

しかし、その侍をみた血気盛んなチーマーたちが、「じゃあ襲ってやろう」と襲ってきた。なんと、甲冑を身に着けて。

シゲジロウ危うし。

そんな時、そのチーマに敵対する暴走族が甲冑をつけたチーマーをみて、「俺らも負けてられん」と甲冑を着けて喧嘩を仕出した。そこからの対決はさながら現代の関ヶ原だった。甲冑を来たチーマーと戦闘服を着た暴走族の殴り合い。刀も弓もないので、肉弾戦である。

しかし両者は互角。試合は拮抗しているように思えた。

その戦いを動かしたのは、そう、シゲジロウだった。

毎日、甲冑で通勤をしているシゲジロウは身体が出来上がっており、誰よりも早く駆けることができた。その脚力を活かしてチーマーの将軍への強烈な足払い。コケた将軍はその甲冑の重みが身体にのしかかり、意識を失った。その一発で勝敗は決まった。

この歴史的な出来事は我々に多くのことを教えてくれる。

とりあえず甲冑を身に着けた男がいたら、できるだけ距離を取るようにしよう。