読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

くじ

サッカーの試合結果を予想するスポーツくじ「BIG」で、ランダムであるはずの予想結果が、2回続けて全く同じだったそうだ。

そんなニュースが騒がれていた。

くじで思い出すのは、小学生の頃だ。私は地元のお祭りに参加していた。屋台がでる否かのお祭りだ。

焼き鳥やかき氷や、そして、おみくじ。子供の頃の私はゲーム機が欲しくて、そのくじを買う。300円かそこらだ。でも当たるはずもなく、ペンだかなんだかをもらった記憶がある。

私を連れていってくれたおじは、その屋台で「全部のチケットをくれ」とチケットを買い占めた。いま思い返せば10万円分くらいだろうか。でも、結局、そこに当たりはなかった。そして僕に「残念だったね」と言ってくれた。

それから僕はギャンブルに手を出さなくなった。

でもそんな僕が人生で一番ギャンブルをしたといえるのは、エイコと付き合ったことだろう。エイコはギャンブラーだった。人生における不確実性を楽しむ人だった。

資産運用は仕手株やFXをするし、仕事もしょっちゅう転職していた。確実的なものが我慢ならないのだ。食べログも高い評価の店は美味しいとわかっているから、評価のない店にいった。あるいは、評価をみないで行き当たりばったりで店に入っていた。

ゲームはガチャを愛用し、すぐにお金を使い果たしていた。

でも神社のおみくじはしなかった。「そんなのどうでもいいから」ということだ。天気予報も見なかった「外に出て天気を知った方が楽しいじゃん」といっていた。だからすぐに雨に振られて風邪を引いていた。

マカオにいった時は彼女はひたすらルーレットをして、僕はバーでお酒を飲んでいた。

僕は、自分がギャンブルをしない人生を選んだからこそ、そんな彼女に惹かれていたのかもしれない。まさか彼女と付き合うことがギャンブルみたいなことになるなんて思いもしなかったけれど。

結局、ギャンブル好きの彼女は恋愛も長続きしなかった。僕との恋愛も数ヶ月で終わってしまった。

それから彼女は3回、結婚をした。そして、また彼女は今、1人を楽しんでいる。

彼女を見て思う。人生でギャンブルをする時は、「当たり」を探すのではなくて「不確実性」を楽しむに限るな、と。彼女がいま、幸せかどうか知らないけれど、「私の恋愛に当たりはなかった」というような女ではなかった。

彼女はずっとこれからもくじを引き続けるのだろう。

僕は、自分がひかなかったクジを思い出して、その代わりに得たものを考えた。わからない。でも、彼女の方が人生を楽しんでいたな、と思った。

そんなことを考えながら帰り道で携帯を取り出した。LINEで彼女の名前を探す。「いま、何してるの」と文章を打った。ギャンブルをしないような僕が彼女に連絡するのは、きっと彼女にとって「不確実」なことだよな。

そんなことを考えながら、LINEを送った。