寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

花屋の花は見るためだけに使うものではない

花咲く花屋は今日も忙しい。

16時頃、お店に訪れたのは20歳後半の女性だった。スーツ姿がかっこいい。

「すいません、お花を探しているんですが」

- はい、どういうお花でしょう

「あのー。いいずらいんですが、相手を殴るための花ってありますか。花をそんな風に使うのは申し訳ないんですが、どうしても花で殴りたくて」

大丈夫です、と私は笑顔で即答しながら言うべき言葉を探す。

花って、きれいに見るだけの存在でもないんです。あなたの思いを相手に伝える道具として使われるとしたら、それはそれで花の正しい使い方なんだと思います。たとえばハーブやオイルに使われる花だって、観賞用とは別の使い方だし、菊のような食べるお花もありますよね。時には、殴るためだって使われてもいいと思うんです。それがお客様の大切な思いを伝えるための手段なら。

「ありがとうございます。仲がいい男性がいたんですが、他の女性と結婚するってわかって。だからお祝いの花として恨みをぶつけたいんです」と、少し涙を浮かべた目でお客さんは少し笑顔になる。

大丈夫だよね、と私は自分に言い聞かせる。花も、納得してくれるよね、と。ごめんね。花。でも、あなたのおかげでこのお客さんは思いを伝えられるの。

- では、殴るための花ですね。どれくらい痛みを与えますか

花屋でバイトを始めてから初めて聞く質問だな、と思いながら質問をする。

「そこそこ、へこむくらいのやつでお願いします。お値段は5000円くらいで」

花屋としての力量が問われるな、と思いながらアレンジを行う。ボリュームを出すためには、カスミソウはたくさん入れましょう。あとは、強い意思を伝えるためにも菊は入れた方がいいかもしれない。

- バラは入れますか。棘がありますが。

10秒ほど、お客さんは考えて答える。

「少しだけお願いします」

バラは花びらも舞うから視覚的にもダメージを与えやすいかもしれない、と思って、私はバラを取る。

アレンジはやっぱりティアードロップにすべきかしら。殴りやすさだとクラッチかしら。

アレンジが終わり、お会計を済ませて、いつもの質問を念のため聞いてみる。

- メッセージカードもおつけできますが、、、いらないですよね?

またお客さんは少し考える。

「大丈夫です」

- そうだ。その代わりに、この花を足させてください。

と私はハナミズキを足した。ハナミズキ花言葉は「私の想いを受けてください」だ。