眠る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです。最近テクノロジーをテーマにしたものに凝ってます)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます あとスターも励みになります!

異国でみるべきはツイッター?インスタグラム?

遠い異国の首都からさらに飛行機を乗り継いでたどり着く街で宿をとる。

「とれるチケットならどこでもいい」と考えた旅行だったけれど、思ったよりもワイルドな街に降り立つことになった。英語もうまく通じないし、そもそも空気だって日本と違う。水が国によって異なるように空気だって国によって異なるものとなる。アジアの島国に降り立つ時に南国の匂いが鼻孔を驚かせるように、異国の空気は肺を驚かせる。「なんかきたよ」と肺があわてて声をあげる。深呼吸して、落ち着かせる。「大丈夫、この空気は吸っていいんだよ」。何度か深呼吸すると肺にその空気が馴染み、身体が少し落ち着いてくる。それでも、脳はなかなか現地の国になじまない。

一人が好きだ、という人でも異国の地に一人でいると、その寂しさには耐えられないことが多い。これは病気にも近い。風邪をひくと思考回路が落ちるように、孤独は人を不安定にさせる。部屋のどこかでなくした指輪を探す時に、あなたはいろいろなものを裏返し、扉をあけ忙しくなく駆け回る。異国の街では脳がそのような状態になる。「ここは何だっけ。あれはどうだっけ」と。

それでもいまは携帯電話がある。どこでも簡単に現地のネットワークにつなげることができる。十年前はそうではなかった。海外のネットワークにはWifiモバイルが必要だった。海外は携帯のつながらない国だった。

携帯を見ると、いつもの日常と変わらぬ日々が流れている。ツイッターでは、いつも喧々諤々、他愛もないことに議論をしている。まるでツイッター全体が大喜利のように。

異国ではそのツイッターの日常がうまく脳に直結しない。まるで匂いのないパクチーのような不思議な感覚がそこにはある。日本語なのに、すっと頭に入ってこない。

そんな時に僕はインスタグラムを開く。そして、自分のいる場所の名前のタグを検索する。カタカナで。そうすると、そこには、多くの日本人たちを見ることができる。

国という枠組みなんてと思っているくせに、異国においては、同じ言語をしゃべることのありがたみをしる。

そうして、それに少し勇気づけられる。同時に自分が日本人であることに逃れられない悲しさを知る。カタカナで検索した地名を英語になおして再度検索する。そして、また日本語でタグを検索する。

 

テクノロジーで花見はどう楽になった?

テクノロジーによって我々の生活はとても便利になったと言われるけれど、実際、便利になったものは少なかったりする。花見なんて、なにも便利にならばい。

たとえば、週末に花見を予定したとして、「週末の天気は?」と簡単にインターネットで調べられるようになったかもしれない。ただ、昔から、177に電話をすれば、天気を知ることはできた。

花見の撮影がスマホでできるようになったからって、撮影は昔からできた。インターネットができたからといって数千年前から桜の美しさは変わっていない。

結局のところ、テクノロジーが進化しても花見の場所取りは変わらずしなくてはいけない。pepperが代わりにやってくれるわけではない。

花見のビールも携帯から出せるわけではない。結局、買いに行かないといけない。

それでも、少なくとも1つは便利になったことがある。花見に体調不良で参加できない友人の家に、見舞いとして食べ物を届けることだ。

いままで、それはなかなかできなかった。友人の家の近くにあるデリバリー可能な店を知らないのだから。

でも、いまは友人の住所さえわかれば、Uber Eatsにその住所を入れてれば、オーダーをすれば、身体に優しい鶏スープを簡単に届けてあげることができる。なんなら花見の写真と一緒に。

もっとも、鶏スープが届いた時に、友人が裸で寝ていないように気をつけないといけないけれど。

デジタルに保存された思い出

男は、何度も何度も同じ映像を見ていた。

それは、ディズニーシーの映像だった。動画には女が映っていた。

インディ・ジョーンズ・アドベンチャーというアトラクションの行列に並んでいる2人。ポッキーを食べながら、カメラの方に話しかけている。男の声だけが聞こえる。男がその動画を撮影し、女が撮影をされている。

全体は10分もないほどだが、男は何百回とそのシーンを見ただろう。寝る前には見るのが日課だし、週末は酒を飲みながらそのシーンを見る。

男は思う。なぜもっと動画をとっておかなかったんだろうと。あれだけ一緒にいて、残っている動画がこれだけだなんて。

でも、その頃はこの恋愛に終わりが来るなんて思っていなかった。そして、ナオの動画がこんなに愛おしいものになるなんて想像もしなかったのだ。なぜなら、当時は生身のナオがそこにいたのだから。

見返すのはきまって動画だった。LINEでやりとりしていたテキストよりもその動画を愛した。声を聞きたかった。動いているナオを見ていると癒された。

男はこれがデジタルの動画で良かったと考える。これでテープだと何百回も再生してテープが擦り切れていただろうから。よく聞いていたテープレコーダーがある時、急に切れたのを思い出した。

しかし、男にとってはテープが擦り切れた方がよかったのかもしれない。もうこの動画から決別できるのだから。デジタルは、我々の思い出を永遠なものにした。それは、我々が思い出から永遠に逃れないことを意味するのだ。決して劣化せず、決して色あせない。それは人類にとって本当に良いことなのかは、まだ誰もわからない。

ナッツアレルギー

飛行機に乗っていると離陸前にこのようなアナウンスがあった。

「この機内には、ナッツ類に強いアレルギーをお持ちのお客様がいます。機内ではナッツ類を召し上がらないようにお願いします」と。

飛行機は少なからず乗っているけれど、このようなアナウンスは初めてだったので「へー」と思った。いつも離陸前に寝ているから聞いていないだけかもしれないけれど。

それは、2つの思いがそこにはあった。

  1. どれくらい強いアレルギーなんだろう。どれだけ大変なんだろうというその人への想像
  2. みなで力をあわせてナッツを避けるという行為について

その人は人生でナッツは避けていきているだろうけれど、とはいえ、いたるところにナッツはある。バーのおつまみ、機内でのスナック、そして、レストランでのアパタイザー。

どれくらい彼、ないし、彼女がナッツを苦手なのかわからないが機内でのナッツを惨殺するほどだから、かなり敏感なのだろう。おそらく同じ部屋でナッツを食べれないくらい。そう考えると、その人はなかなかバーやレストランに行きにくいだろう。

おそらく予約する時に「ナッツはでますか」と聞くだろうな、と思った。ナッツの種類でも苦手なナッツはの度合いは変わるのだろう。ピーナッツかカシュナッツ、あるいは、アーモンド。

その人のナッツを避ける人生を少し思った。

そして、機内で、全員が力をあわせてナッツを食べないという状況を思った。

ただ、もし、もし、これがアルコールだったらどうしたのだろうか。機内のみなに我慢させるのだろうか。それはさせないだろう。ナッツという絶妙に軽視される存在だからこそ、そのアナウンスがあったのかもしれない。あるいは水だったらどうだろうか。水アレルギーの人なんているかどうかわからないけれど。

でも1人の人のために皆で力をあわせるというシーンは良いなと思った。もし僕がナッツが大好きならばいらっとしただろうが、とはいえ、その人の苦労を思えば「8時間くらい我慢するか」という気分になったものだ。その人のためにしばらくナッツを我慢することなどたやすい。お安いごようだ。

我々は1人では生きているわけではない。お互い助け合って生きている。

妊婦には席を譲るし、子供が事故りそうになったら助ける。女性の扉は明けるし、老人がスイカでもたついていたら代わりに押してあげる。外国人が道に迷っていれば「大丈夫」くらい聞いてあげるし、道で初心者マークの車が走っていれば、道を開けてあげる。

だからこそ、我々は力をあわせる。自分1人で生きていけないというのをわかっているから。

いつか自分もニューヨークで落とし物をして困った時に助けられた記憶があるから、自分も困っている人がいれば助けてあげようと思う。

そうして僕達はお互い、助け合いながら生きている。こんな「ナッツを食べない」という消極的なことでも僕たちはその環の中に入ることができる。

「そういえば」と、携帯電話のアプリを探すと「アレルギーチェッカー」というアプリをみつけた。前の彼女が、卵にアレルギーがあった。そのため、お菓子に卵が含まれていないかを確認するためにダウンロードしたアプリだった。

飛行機に乗る前にコンビニで買ったチョコレートのバーコードを読み取ってみた。すると、その食品にはナッツが含まれていないことを知った。よかった。

いつだって可笑しいほど誰もが誰か、助け助けられて生きるのさ。口ずさんでみた。

部屋にいる時にSiriが勝手に喋りだした理由

ミチコは思った。彼が出ていった部屋は思ったより寂しい。なくなったのは彼の荷物だけでなく、彼の存在だった。

彼は、テレビを見てはニュースに怒っていたし、YouTubeで面白い動画を見つけては笑っていた。当時は、うるさいと思ったこともあったけれど、その存在の大切さは、いなくなって初めてわかるものだ。

そんなことを考えながらミチコは部屋のベッドで横になって本を読んでいた。すると、携帯のSiriが起動する音が聞こえた。ティリン

すみません。よく聞こえません

 

 

「えっ!」と思わず、携帯から身を遠ざける。どうしたの、急に。周りを見渡すが、当然ながら、誰もいない。ここは彼がでていった寂しい部屋だ。誰もいない。

恐る恐る携帯を触ると、そこには、Siriが「すみません。よく聞こえません」という文字が表示されてあった。

「エラーかな」とミチコは考え、その画面を消す。本に戻る。

すると、5分後に、また同じことが起こった。

 

すみません。聞き取れませんでした

 

 

「Siri、私は何もいってない!」とミチコは思わず叫んでいた。

Googleで「Siri 勝手に話をする 理由」と検索する。すると、同じ体験をした人たちがでてきた。その人たちの分析によると「故障でそんなことが起きることもある」ということだ。良かった。私だけじゃないとミチコは安堵する。

でも怖いから携帯の電源を消そう。明日、Apple Storeにもっていって修理をしてもらおう。

ーー翌週

Apple  Storeで修理してもらっても、結局、直らないままだった。

1人で部屋にいると、また携帯から声がする。

すみません。聞き取れませんでした

 

 ミチコは驚くのを辞めた。もしかしたら、彼の存在がまだこの部屋に残ってるのかもしれないな、と考えた。

「Hey Siri, 彼はどうして出ていったの」

 

 

ミチコは、自分でつぶやいた。しかし、独り言を喋っていることに、ミチコはまだ気づかない。

 

・参考元ネタ

https://twitter.com/keibambooty/status/1076145754014593024

 

WikipediaとSiriの限界

「ね。セレンディピティって何」と、女が尋ねる。

 

ベッドの上で携帯を見ながら気だるそうに男が答える。

 

「偶然の出会いってやつだよ」

「人との出会い?」

「人にも限らないんじゃないかな。仕事とか、探してるものとか」

「いじめられている亀を探してたら、亀と出会う。これもセレンディピティ?」

「竜宮城に行きたいの?それとも何かの比喩?」

セレンディピティのことが知りたいのー!」

「その単語、どこで聞いたの?」

「友達が飲み会の席でいってたー」

 

女は、Siriに話しかける。

 

「ねえ。Siriセレンディピティって何?」

 

スマートホンは答える。

 

セレンディピティとは『幸運の発見』です」

「よくわからないよー、Siri。もっとわかりやすくいって」

 

「困った時はWikipedia」と、女は検索をする。

セレンディピティとは素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること

 

「そんなの言ってもさ。ラッキーと何が違うの?!」

 

「インターネット時代になって、情報は簡単に手に入るようになったけど、簡単に理解できるかどうかは別なんだね」と、女はベッドの上で男の背中に飛び乗った。

  • 翌日

「今日、セレンディピティのことがわかったよ」

「お、どうしたの?」

「飲み会で、セレンディピティの意味がわからないーって言ってたら『私、セレンディピティに詳しいから教えてあげるよ』って、その女の子と2人で二次会で教えてくれたの」

「すごいじゃん。その出会いこそ、セレンディピティだよ。探していたものと、適切に出会う」

「ほんと?!その後に、青汁ダイエット食品を売りつけられそうになったけど、それもセレンディピティ?」

「…….。それは相手にとっては『いい鴨』っていう表現がよく使われるね。ある意味、セレンディピティかも」

ツイッターで事故死を演出する男

ツイッターで死を演出するということを楽しんでいた。

 

たとえば、「このアニメが好き」という設定の人物を作る。そして、その設定に合わせたプロフィールを作り、ツイートを始める。そのアニメのことをつぶやき、そのアニメが好きそうな人をツイートする。食事や週末の遊び方も練り上げて投稿する。

 

そして、同じようにそのアニメが好きそうな人をフォローする。コメントする。リツイートする。趣味がある者同士はつながる傾向にあるから、フォロワーはどんどん増えていく。まるで、俺の偽物のアカウントが本物に存在しているように見えだす。

 

受けが良いのはやはり若い女性だった。顔の一部を見せただけの写真をアカウントに使う。元画像はインターネット上から拾ってくる。そのまま拾った写真をプロフィールに使うと画像検索でバレルことがある。だから、トリミングをして、一部だけを見せる。

 

重要なのは、自分の住んでいる地域を定期的に投稿しておくことだ。フォロワーたちに、このアカウントの出身地を刷り込んでおく。

 

そうして、このようなアカウントを10以上作る。日本各地に住む自分の子どもたちのようだ。

 

その後、地震や災害などがあったタイミングで、その地域の設定をしていたアカウントのツイートを止める。

 

それまで毎日10以上投稿されていたアカウントが急に投稿がとまる。ニュースでは、その地域で災害があったことが流されている。フォロワーたちが騒ぎ始める。

 

「もしかして災害で死んだのでは」という憶測がでる。自分の偽アカウントがそのように人の感情を揺さぶるのを見ているのは感動すら覚える。まるで自分の作った映画をみて悲しんでくれているような気持ちだ。

 

話題にならなかった時には、親のふりをして「ありがとうございました。先日の災害で、この子は他界しました。同じ趣味を持ってくださった方と交流できて嬉しかったと思います。いまも幸せにあちらでアニメを見ていることと思います」と投稿する。

 

多い時は、数千のリツイートがされることがある。まさしく時の人だ。

 

ある時、中国地方で土砂崩れがあった。

 

中国地方在住設定のアカウントが1つあったので、いつものように、そのアカウントの更新を停止した。あるマンが好き設定のキャラで、名前はメイだった。最後のツイートは「ごはんいてきま」だった。

 

一週間たち、いつものようにアカウントが騒ぎ始めた。何人かの人たちは「大丈夫ですか」とダイレクトメッセージを送ってくれた。

 

しかし、俺が待っていたのは、タケという子の反応だった。

 

その子は、メイにあふれるほどの愛情を捧げてくれていた。メイのコメントにすべて同意してくれた。メイが少し気の利いたことを言うと「そのとおりだ」とRTをしてくれた。DMも毎日送ってきてくれた。「好きだ」「会いたい」「写真を送って」。

 

うざいなと思いつつ、「こんなにメイのことを好きな子が、メイの死に直面したらどうなるんだろう」と楽しみの方が上回り、相手を続けていた。時には「好きだよ」「時期がきたら会いたいね」という言葉を交わしながら、タケの温度を下げないようにしていた矢先に起こった土砂崩れだった。

 

メイの更新が途絶えた翌日から、タケは、すごい量のダイレクトメールを送ってきてくれた。「大丈夫」「もしかして」「連絡ください」と。

 

しかし3日も経つとダイレクトメールも1日一通になった。「心配でご飯も食べれません。もしこれを読んだら返信ください」といったものが夜に送られてくるばかりとなった。

 

これ以上、間が空いてもテンションが下がってしまう。「今がタイミングかな」と、俺は、わくわくしながら、タケにダイレクトメールを返した。「メイの母親です。娘は先日の土砂崩れでなくなりました。生前は大変お世話になりました。ありがとうございました」と。

 

僕は号泣するタケを想像した。悲しみに溢れた返信を心待ちにしていた。しかし、ダイレクトメールの返信は既読になれど、なかなか帰ってこなかった。タケのツイートもそれから更新が止まったばかりだった

 

つまらないな。リアクションを楽しみにしているのにリアクションがなければつまらない。あれほど期待させておいて。がっかりだ。

 

そして、タケのことを忘れかけていた3日後、このようなDMが来た。

 

「俺もメイさんの後を追いかけます。あちらで幸せになりたいと思いますので、メイさんのことは任せてください。」

 

# 後記

 

https://anond.hatelabo.jp/20181118011243

 

上記の投稿をみて、「(不謹慎にも)死んだフリをするアカウントに対して、死んだふりをするアカウントもでてきそうだ」と思って書いた記事。