寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

hang in there

 誰しも生きているとしょぼんとする時がある。

仕事で失敗した時や、好きな子からの約束が破られた時、あるいはお金をなくした時。あるいは、全部がいっせいに起こった時。

「なにやってんだろう」とつぶやく。「どうしてこんなことが起こるんだろう」と思う。「今は世界が敵だな」と思う

 ただ、行動経済学的には、それらは確率の話で整理できる。「悪いこと」というのが毎日10%の確率で起こり、「とても悪いこと」というのが5%の確率で起こる時、200日の1度は「悪いこと」と「とても悪いこと」が起こることになる。すなわち、1年に2度は、そんな日があるのだ。そして、人は「悪かったこと」を記憶するので「悪いことが重なった日」だけを記憶に残る。残りの「悪かったことが1回しか起こらなかったこと」は、日常に忘れてしまうのだ。だから、人は「悪いことが続くな」とだけ、記憶している。

だから、辛い時は、「ああ、確率的に今が、たまたま悪いことが重なってしまった」と考えるのが良い。たまたまなのだ。何かに呪われているわけではないし、何か運が悪いわけではない。

あなたがそこで凹むと、そこから悪いことが続く。たとえば体調が悪い時に無理に出社するとミスを誘発するように、悪いな、と思った時は気分や状況を変えるのが重要なのだ。

こういう話がある。

賭博で生じる負けの半分以上は「もうだめだ」と思った時から生じるのである。つまり「もうだめだ」と思った時点で、集中力が途切れたり、気合が途切れ、それによって、そこから負けを呼び込んでしまう。

そういう時に求められるのは、気分を切り替えて「さ、頑張るぞ」と0の精神で立ち向かうことなのだ。

同じ経験が私にだってある。為替トレードをしていて、大きく負けた。そして「あー、これはダメだ」と普通ならしない場所での損切りをしてしまう。それによって、さらなる損失を産んでしまう。あるいは、意地になってナンピン買いをしてしまい、負けを膨らませてしまう。普段ならしない動き方をしてしまって。つまり、私が安定した状況だったらしなかった手を出してしまった。それによって、負けがさらに生まれる。こういうことだ

村上春樹ノルウェイの森にこのような文章がかかれていた。主人公が具合が悪くて遠くで入院をする女性に手紙をかく。大学生の主人公は何もない日常をおもしろおかしくかく。何も起こってないのに。そして、主人公は書くのだ。「何もない日常だけれど、このように書くと素晴らしい日々のように思えた」と。

この考え方から学ばしてもらおう。

何か失敗した時は、それを俯瞰してしまえばいい。物語の起承転結の転だ。物語には失敗やトラブルは欠かせない。そこからのリカバリーにカタルシスがあり、人はそこでリフッシュするのだ。そのように自分の失敗やトラブルを喜劇に変えてしまえば良い。

スティーブジョブスのスタンフォード大学での素晴らしいスピーチがある。

そこで彼は自分の会社を追い出されるエピソードをする。そして彼は表現するのだ。

Sometimes life hits you in the head with a brick. Don't lose faith.
- 時に人はレンガで頭を殴られたかのような経験をする。けれども、信じるものを忘れてはだめだ

自分の会社を追い出されたことのある人の言葉はなかなか深い。レンガで頭を殴られても、自分を忘れてはいけないのだ。レンガだ、レンガ。レンガで殴られることなんて人生でそうそうない。それでも、あなたは信じるものを信じ続けないといけない。

それは好きなことであったり、自分の生き方であったり、あるいは日常であったり、あなた自身を。

荒波の中に自分が一人、逆風に向かって立つシーンを思うかべる。そんなときに思い浮かぶのはこの言葉だ。

hang in there

日本語だと「頑張れ」と訳されることも多い言葉だが、英語の単語を見ると少し異なる。「そこにつかまっておけ」なのだ。すなわち、あなたが大変なことで凹んだり、「もうあかん」と言いそうな時こそ、「だめだ。そこで踏ん張れ。耐え抜け。持ちこたえろ」という言葉が求められる。それが「hang in there」なのだ。

村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」の表現でいえば「踊り続けろ。音楽が止まってもステップを止めるな」なのだ。レンガで殴られても、信念を忘れるな、なのだ。

と、自分にレンガで叩かれたようなことが起こったので、それを昇華するために書いた記事でした。Hey everybody, hang in there!

 

届いてしまったメール

 年に1度だけメールをやりとりする人がいる。

年賀状ではない。お誕生のメールだ。相手の誕生日に僕がメールをして、僕の誕生日に相手がメールをする。1年に1度の往復。

そのフラジャイルで曖昧な関係は10年以上続いていた。

出会った頃のようにメールが届くとドキドキするような関係ではないし、誕生日だからといってお互い洒落た店に行く関係ではなくなったけれど、それでも、僕は彼女を尊敬していた。

その誕生日のメールというのは不思議な関係で。たとえ僕が彼女の誕生日にメールを送るのを忘れても、彼女が僕の誕生日には送ってきてくれる。すると僕は次に彼女の誕生日に送り返す。逆も同じだ。両方の続ける意思がなくなったら終わるメールだけれど、幸い、この10年細い糸はずっと続いていた。

でも、彼女の状況に少し変化があったんだろうな、という予兆はあった。

今年の頭にあった彼女の誕生日の時だ。

いつも誕生日のメールの後で「久しぶり?ご飯いこうよ」と僕は言った。そのようにして僕たちはメールを往復し、1年に1度くらい会ってきていた。

でも、今回、彼女から帰ってきたメールはそっけなかった。「いいね。ランチだったら」と返ってきて。僕は、彼女に恋人ができたのかな、と邪推する。でも、深くは聞かない。お互いにとって、それは何も良いことがないから。

だから、僕は、なんとなくの予兆はしていて。

でも、それでも心の準備はできていたわけじゃなかったんだ。

今回、僕の誕生日に彼女からのメールが届いた時に、ちょっとした動揺はかくせなかった。メールを空ける前に、それは僕にうったえてきた。

僕は、彼女となぜかメールでやり取りをしていた。LINEでもなく、Facebookでもなく。

だから彼女からメールが届く。その彼女のメールの差し出し人は、いつも見る名前とは違っていた。つまり名字が変わっていた。

僕はそれで悟る。彼女は結婚したんだ、と。

少し心を落ち着かせて本文を見る。そこには結婚のことは何も触れられていない。だから、彼女は気づかず送ったのだろう。

僕はそのメールになんて返信しようか、と思う。

- おめでとう

という気持ちはある。80%はおめでとうという気持ちはある。でも、20%は寂しい気持ちもある。

少しメールを返すのを遅らせようか。そして、しばらくしてから、おめでとうと送ろう。その時間差が、僕の動揺だと伝わるように。

 

合コンであったちょっと怖い話

今週のお題「ちょっとコワい話」

友達から「飲み会いかない」と言われる。よくあるコンパだが、今の時代「コンパ」なんて言わずに、飲み会という。

その日は特に予定もなかったし、何よりコンパは楽しい。昔はコンパは好きじゃなかった。女性全員と等分に話をしないといけないから気を使う。他の男性と喧嘩になるから、素敵な人がいても、自分がアピールしすぎてはいけないし。だから、コンパは好きじゃなかった。

でも、最近はコンパが楽しい。男女がお酒を飲む場、と捉えるようになったからだ。若い頃のようにガツガツした気持ちはない。だから、ようやく最近は飲み会が楽しくなった。

その飲み会は、ユウタの元彼女の主催するコンパだった。女の子たちは銀座の会社で働いていたので、場所は銀座になる。女性は僕たちと同じ年。良いのか、悪いのかわからないけれど、若すぎるよりは良いだろう。若すぎると話は盛り上がらない。

店は、ユウタが選んだイタリアンで、銀座のほどよく雰囲気がよく、ほどよくリーズナブルなお店。半個室で、ユウタらしい間違いのないチョイスだ。

セオリー通りに女性は5分遅れてきた。そして、セオリー通りに「遅れてごめんなさい」。女性は、5分遅れがマナーだと思っているふしがあるし、なんなら、男性でさえもそう思っている。

男性4人、女性4人の組み合わせ。こういうのは女性が1人さらに遅れてきたりするのだけれど、全員揃っていて好印象だ。

席は対面ではなくW字に座る。話は、自己紹介から、仕事の話、夏休みの話に好きな男性の話と、セオリー通りに進む。一般的な話から、より色気のある話へ。

そして、お酒のおかわりが4杯目くらいになったところで店の飲み放題の時間が終わる。

2次会にいくかな、と思ったけれど、ユウタはその話を出さずに切り上げた。どうやら、いまいちだったらしい。僕的には2次会にいってもよかったのだけれど。

じゃあね、と店の前で女性と別れる。こういう時の女性の心境はいかなるものなのか。

男性陣たちで二次会をして、反省会を楽しむ。この時間が一番楽しいかもしれない。ユウタ的にはタイプの子がいなかったらしい。

そして終電間際の電車で家に帰る。良い金曜日の過ごし方だ。

最寄り駅について、LINEを見ると、LINEでグループができていた。今日の飲み会のグループだ。ユウタが好みの子がいなくてもちゃんとグループを作るところが彼らしい。

いまや、個別でLINEのやり取りはしない。めんどくさいからだ。それよりもLINEで幹事同士が男女全員を入れたグループを作る。そうすると、女性にとっては個別に「ありがとうございました」を送る必要はないし、男性も個別で聞く必要はなくなる。

なんとなく、ぽちぽちと女性陣を友人に追加する。

 

あ、とその時、気づく。

1人の女性が、追加できない。既に友人だったのだ。血の気が失せる。

「誰だ。あの中に知り合いがいたのか?」

思わずその女性のアイコンをクリックする。顔は小さくてわからない。名前はAと入ってる。Aって子いたかな。

その子とのやり取りを表示する。

さらに血の気を失う。

彼女のことを僕はブロックしていた。やりとりは5年前だ。

うっすらと記憶が蘇ってくる。コンパかなにかで出会った子で、その日のうちに家にきた。でも、そこでは何もなく、翌朝、別れた。

でも、彼女からは「好きだ」「また会いたい」と重ねてLINEがきている。それにたまらず、僕はブロックしていた。

そんな女性があの場にいたんだっけ。

「やっと、再会できたね」と後ろからユウタの元彼の声が聞こえた。ユウタが元彼女と分かれた理由を必死で思い出しながら、僕は後ろを向いた。

デートのお作法

「女性は、いろんなデートの仕方をしってるけど、男性は1つのデートのやり方しかしらないんだよ」

- どういうこと?

「デートは、だいたい男性がリードするじゃん。特に最初のデートは。

場所とか時間とか、お店とか。それに、待ち合わせをどこにするか、メニューをどう頼むか。二軒目はどういくか、とか。

だから、男性は自分のデートのやり方をするの。で、女性はいろんな男性とデートにいくから、いろんなやり方を知るわけ」

- なるほどねー。じゃあ、男性は他の人のデートのやり方を知らないのか

「そうなんだよ」

- じゃあ、今度、男性とデートしてみたら?

「いいね。その場合は、じゃんけんで幹事を決めるのかな」

- でもその場合って、男女のデートの作法とは違った作法が必要になってきそうだよね、もはや。

「もはやそうだね。席の上座にどっち座るかとかも男女だと女性が上座だけど、同性同士ならどうするのかな」

- もはや、デートのやり方とかそういう話じゃないね。哲学論争になりそうだね。

デートの思い出はいつも雨

晴れたらしたいことがたくさんあった。

ピクニック、お散歩、テラスでランチ。

昔の歌で「晴れたらいいね」という歌があったけれど、その歌を聞くと私はとても寂しくなる。

山へいこう次の日曜

という歌詞を聞いて、私は「晴れても、私は山にいけない」と悲しい気持ちになった。

なぜなら、私の恋人は土木工事で働く人、すなわち土方の人だったから。だから、雨になると仕事は休む。その分、晴れていると休みなしで働いていた。

だから、私はその人とのデートはいつも雨だった。梅雨になると一緒にいれることを喜んだけれど、彼は、雨だとお給与が減るから、少しいらだっていた。

私のデートの思い出はいつも雨だった。部屋のベッドから窓に滴る雨水を眺めていた。

でも1度、晴れの日にデートをしたことがある。

「誕生日どうする?」と彼が聞いてくれたので、私は「晴れの日にデートしたい」と言ったのだ。

彼は、「わかった」と笑ってくれ、はじめての晴れの日のデートをした。ただの散歩だったけれど、そんなことがとても楽しかった。

傘をささずに彼と手をつなぎ歩くことができた。おしゃれをしながらデートをすることができた。太陽を浴びながら彼と話をすることができた。

「もしかすると前世は植物だったのかな。 こんな太陽がうれしいなんて」と私は太陽に向かって呟いた。

------------------------------------------------------

今週のお題「晴れたらやりたいこと」

パクチー理論

- 男はいい女を見たら、すぐに恋するじゃん。女は時間がかかるんだよ

と、レイコが飲み会で言っていた。

そうかもな、と思った。

それをレイコは「パクチー理論」といっていた。

多くの人は最初はパクチーが苦手だ。ただ、ずっと食べ続けているといつしか好きになってくる。タイで「NOパクチー」といっても、パクチーが出続ける地獄を経験して、パクチーが好きになる。

恋愛も同じだ、と。男と出会う回数が増えると、いつしか好きになる。

女性が「1回目のデートで家にいかない」のは、「1回目だと遊ばれるから」と思うのではなく、「まだ恋愛温度が上がってない」からだと。

女性は3回、4回と会ううちになんだかその人を好きになっていく。面白いのは、時間ではないということだ。5時間一緒にいるよりも、1時間づつ2回会った方が親近感は増したりもする。

大勢のイベントで何度かあっているだけでも恋心になったりする。これがパクチー理論だ。

そういうレイコは、ある男と結婚した。

その男は、レイコの最寄り駅の駅員さんだったそうだ。

 

 

ルイボスティ

起きて「ここはどこだ」と思った。ああ、繁華街のラブホテルだ、と気づく。

クラブで出会った女の子とそのまま駆け込んだラブホテル。2軒が一杯で3軒目にようやく空いていた。少し高かったけど。

そして、気づけば、今だった。朝だった。僕と隣で寝ている彼女は裸で寝ていて。

僕は布団からのっそりと起きて、酒が残る胃にムカムカして。水を飲みたいけど、ラブホの水は200円もするので、なんだか悔しい。

しかたなく、備えつけの安いインスタントコーヒーを僕はあける。水を沸かす。

そして顔を洗っていると、女の子も起きたようで。

「コーヒー飲む?」と聞いたら「いらない」と言われた。

ああ、コーヒーを飲めないのか、と理解した。代わりに水をあげた。200円のエビアンを。

数日後、彼女と食事をする機会があった。

食後に、「紅茶を飲む?」と聞いたら「いらない」と言った。コーヒーも飲めなくて、紅茶も飲めないのか、と思った。

「カフェインが飲めないの」と彼女は言う。

「それを知った友達がね、このあいだ、ルイボスティーをくれたの。ルイボスティーはカフェインが入ってないの。優しいでしょ」

と彼女はまくし立てた。僕は「コーヒー飲みたいな」と思いながら、うんうん、とうなずいた。

そして、こっそり携帯でルイボスを調べる。

ケープタウンの北にしか自生しないとか。いったこともない南アフリカ共和国の山間のルイボスを想像してみた。

二日酔いには効かなさそうな葉っぱだな、と思った。なんとなく。

でも「ルイボスティはカフェインが入ってない」という情報は覚えておこう。いつか、なんかのクイズで出るかもしれないし。

なんのクイズだよ、と自分で突っ込んだ。彼女は優しい友達の話を続けている。僕は「コーヒー飲みたいな」と思っている。