寝る前に読む小話

寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます

挨拶

- ミヤモト、聞いてくれるか

- どうしたんですか

- こないだ、社長の家に遊びにいかせてもらったんや

- いいですね。どうでした?湾岸沿いのタワーマンションですよね

- そうや。きれいやったで。まぁ、でもそれはええねん。行く時にエレベーターのったんや。社長の部屋は30階くらいやったかな。ほたら、女性も乗ってきたんや。

- 女性とエレベーターが一緒になったらドキドキしますよね

- いや。そんなもん、なんも考えてなかった。わたしは、社長の手土産にこのチョココロネは甘すぎたんちゃうかな、と考えてたからな。そやけど、ぱっとその人を見たら、えらい綺麗な人でな。いや、その女の人は前に立ってたから後ろ姿しか見てないけどない。なんか髪の毛も服もしゃんとしてたわ。

- いい匂いしてましたかね

- それはしらん。でな、その人が途中で降りたんや。その時にな、その女の人、何したと思う?

- なんかあったんですか。コケたとか?チョココロネくださいって言ったとか

- あほか。その人はな、挨拶してくれたんや。「失礼します」って。

- へー。

- おい、お前、もっと感心せいや。お前、できるか?しらん人にエレベーター降りる時に挨拶って。「失礼します」って言えるか

- 確かに、あんまりしないですね。挨拶はされたらしますけど。

- そやろ。わしは家にエレベーターがないからかもせーへんけど、そんなしらん人とあんまり挨拶せーへんで

- そうですね

- でもな、挨拶されたら、めっちゃ嬉しかったんや。なんか、「ああ、わしを認めてくれた」って

- わかる気がします

- 特に、これは偏見かもせーへんけど、そんなきれいな人がな、挨拶するか

- 偏見ですね。あときれいな後ろ姿の人ですけどね

- これは感動したわ。思わず、チョココロネを抱きしめそうになったからな。残されたエレベーターの中で「失礼します」って復唱してしもたわ

- 他の人が乗り込んでこなくてよかったですね

- ミヤモト、そこでわかったんや。挨拶や。

- 挨拶ですか

- 挨拶をちゃんとできる人は出世する

- ほんまですか。でも確かにこないだどっかの会社のエライ人も「挨拶だけはちゃんとする」って言ってた気がしますね。

- そやろ。挨拶って誰でもできるけど、ちゃんとできる人っておらへんのや。気を使うし、そもそも、大きな声で挨拶するって気合いるからな。そんな普段からみんな気合入ってへんしな

- そうですね。挨拶って、なんか「ちーっす」とかなりがちですもんね。

- そや。だからこそ、挨拶や。大きな声でしっかりとするんや。そうするとお前も気合入る。周りの人も嬉しくなる。お前と働きたくなる。ほんで、しらん人にもするんや。背筋も伸ばすんや。わかったか

- はい!かしこまりました!

- こえ大きすぎるわ。うるさい

 

※こちらは以下の続編です

 

topnotch.hatenablog.com